R-30のオタクな部屋
Now Loding・・・・・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
乙女はお姉さまに恋してる第3話「おとめが乙女を選ぶ時 」
先週明らかになった最上級生の中から一番のお姉様を選出するエルダーシスターシステム。
20061017215611.jpg

今週は新たに全投票数のうちの75%の投票が必要。や75%になるまで票の譲り合い。などの独自のシステムの説明があり、早速その投票です。
瑞穂をエルダーに推薦したまりやや紫苑。由佳里と奏の下級生コンビは瑞穂をエルダーにするべく根回しを開始。生徒会長の貴子に敵対視されたりと瑞穂のあずかり知らないところで事態はどんどん進んでいってしまいます。
そして投票日当日。瑞穂は85%もの支持を集めてあっさりとエルダーに決定・・・しかけたんですがそれに待ったを掛けたのが貴子でした。
彼女が言うには「伝統あるエルダーシスターには、それにふさわしい者が選ばれるべき。にも関わらず今回の選挙は転入して間もない生徒が容姿端麗と言うことで人気投票で選ばれたのはおかしい」と言うのです。
まあ言いたいことも分かりますが、この状況で言ったところで負け惜しみにしか聞こえません。
その貴子にさらに待ったを掛けたのが紫苑でした。そしてその彼女の演説に聞き入る全校生徒。さすが病欠していたとはいえ前年度のエルダーといったところでしょうか。
しかし、その演説が終わった途端壇上で倒れてしまう紫苑。そして彼女を颯爽と抱かかえ保健室に走る瑞穂。かっこいいんですけど正体ばれないか心配です・・・

まあその颯爽とした姿の効果もあってか改めて瑞穂はエルダーシスターシステム。晴れて全校生徒からお姉さまと慕われることになるのでした。っていいのかホントに?すっかり忘れてたけど瑞穂って男ですよね??
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
TB成功せり!
先日TB失敗続きだったりしたんで。

今回無事にTBできて安心しました。


よかったです!
2006/10/25 (水) 21:50:31 | URL | セトラ #QBs7AdsI[ 編集]
一安心
こちらからのTBも先週までの調子が嘘のように一発で決まりました!!

まあこれで普通なんですけどね。
2006/10/25 (水) 23:16:14 | URL | R-30 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
エルダーシスター選挙で、瑞穂がエルダーに選ばれるお話。選挙のシステムが独特ですが、それを超えての82%の支持率は凄すぎ。でも、貴子の言い分もよく分かるんですよねぇ。エルダーのシステムを解説するまりや。エルダーのシステムはかなり独特ですが、75%....
2006/10/24(火) 23:13:06 | パズライズ日記
生徒会長は誰にも似ていなかったのが敗因か。何の話だよ?3/4の投票を持ってエルダーとなれる。一回の投票ではとっても厳しい条件ですね。でも救済策として人の得票を譲ってもらえるというルール。しかしいきなり瑞穂が82%を獲得というのはやりすぎではないでしょ....
2006/10/24(火) 23:30:47 | なななな駄文
乙女はお姉さまに恋してる1 =限定版=きたるべきエルダー戦に向けて盛り上がりを見せる聖應女学院の生徒達。今年のエルダーは早くも生徒会長の貴子と瑞穂の二人に絞られ、激しい票の争奪戦が行われようとしています。まりやや由佳里は瑞穂をエルダーにすべく、票集めを必....
2006/10/25(水) 02:28:20 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
早くもエルダー選が決まっちゃいましたよ~!かなり駆け足だなぁ~。楽しめる期間が短い事を覚悟しないといけないのですね。まるで病弱な妹のように…(ん?おいらに妹属性は無いはず…?)(はっ!これは“おとぼく”の精神汚染が始まった証拠かしら?)もう少しゆっくりと
2006/10/25(水) 21:00:15 | 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
ちわっす!「みずほちゃんのめざせエルダーの道」後援会書記のセトラです。はたして、立ちはだかる「生徒会」と「貴子さん」の壁を越えることができるのか?注目の第三話開始ですわ!        
2006/10/25(水) 21:48:16 | ルーツ オブ ザ まったり!
copyright © 2005 R-30のオタクな部屋 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。