R-30のオタクな部屋
Now Loding・・・・・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Kanon 第08話「追憶の幻想曲~fantasia~」
kanon8.jpg

祐一の思い出したある過去の思い出
何かを知っているらしい少女・天野美汐
そしてとうとう明らかになる真琴の正体

しかしそれは終わりの始まり
1つの物語は終わりに向かって加速していく・・・
前回のこともあってか徐々に祐一に対する態度が軟化・・・というよりは懐いた真琴は事あるごとに祐一にかまってもらおうとします。
そんな中、徐々に昔のことを思い出し始めた祐一は過去に「沢渡真琴」という人物を知っていることに気付きます。しかしそれは目の前の少女ではなく、昔まだ水瀬家に遊びに来ていた小学生の頃祐一が憧れていた女性の名前で誰も知らないはずでした。その頃部屋にいた「あいつ」以外は。
そして何かを知っているらしい下級生・天野美汐から「過去に出会っているはず」という言葉からある結論に至ります。しかしそれは到底納得できるはずのないもの・・・・

その不安を打ち消すように真琴と共に街を歩くものの疑惑は徐々に確信に移り変わっていきます。真琴の正体は過去に祐一が怪我をしていたところを助け隠れて飼っていた「狐」ではないのかという結論に・・・
そして同時に徐々に真琴に起こり始めるある変化。足がもつれてよく転ぶようになったり、箸をちゃんと持てなくなったり。

再び美汐の元を訪れた祐一はある事実を知らされます。狐が人の姿を借りて現れるという奇跡。しかし、その奇跡の代償は「記憶」と「命」。
徐々に体力が衰え人として振舞えなくなってくる。そしてその先に待っているのは・・・・
すでにその兆候の現れだしている真琴に残された時間は限りなく少なくまさに「束の間の奇跡」と言ったところでしょうか。




ま゛~ご~ど~ ・゚・(ノД`)・゚・。
この先の結末を知っている人間としては今週の段階で既に涙が・・・
幸せそうに見える日常にさりげなく配置されているあんな物なやこんな物・・・・ 
原作で始めて攻略したシナリオということもあり個人的にはやっぱり真琴編に対する思い入れが強いですね。
そしてそんな真琴編も発表になっている今後のサブタイトルから察するに残り2話、第10話までといったところでしょうか。
とりあえずその残り2話はハンカチ必須ですね・・・

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
脚本:志茂文彦 絵コンテ・演出:石立太一 作画監督:西屋太志絵コンテと演出の石立太一さん、2話ぶりですね。てか、このメンバーはそのまま2話のスタッフですね、6話で一回りは確定かな。サブタイのfantasia(ファンタジア)は、イタリア語で「空想」「霊感」という意味
2006/11/25(土) 00:29:52 | AGAS~アーガス~
第8話 追憶の幻想曲 ~fantasia~
2006/11/25(土) 00:35:41 | 二次元空間
手始めに、猫の命名から始まりました。“ねこ塚ネコ夫”、“シャム塚シャム夫” このセンスは…明らかに狙っているとしか言いようが無いけど…今、ネタにされた漫画家を覚えている未成年は手を挙げて!この有名漫画ネタからはなれたら途端にやる気を無くしたようで…食べ物
2006/11/25(土) 00:52:26 | 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
 みんな見たかっ!(なんだようっさいなもー)今週のエンディング・クレジットを!!そう、これだっ!! 相沢祐一 杉田 智和 水瀬名雪 国府田マリ子 あのタイヤキ強奪少女・あゆ無しの、二人ッきりクレジット!!遂に!!(わ、びっくりした)我らが名雪さんが、
2006/11/25(土) 01:43:46 | Old Dancer's BLOG
さてさて今回から、ついに始まったマコピーの
2006/11/25(土) 21:15:09 | 神音の萌え源泉
Kanon 1少しずつ、祐一に心をを開きはじめる真琴。最近では、何かと祐一に話しかけ、構ってくることが多くなってきたのです。そんなある日、祐一は、学校で美汐と言う一人の少女に出会うのでした・・・。
2006/11/26(日) 20:23:07 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
copyright © 2005 R-30のオタクな部屋 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。