R-30のオタクな部屋
Now Loding・・・・・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うたわれるもの 第19話「決別」
さて先週から続いているハクオロ皇の女性陣だけを連れた世直し諸国慢遊記・・・もといナ・トゥンク編。

番外編だけあってサクサク話は進んで今週いきなり皇城突入です。
兵の訓練所を襲撃した反乱軍。カミュ、ウルトの方術やムックルの活躍もあり勝負はあっさり決着はつきます。
しかし、敗走する敵兵を深追いしようとするデリホウライをハクオロは反乱軍も疲弊しているといさめます。

そして今後の作戦を立てるハクオロ達の下に敵城の方から白い花が流れてきます。まるでハクオロ達を誘うかのように・・・。
カルラが敵城へ忍び込める道を知っていたこともあり、反乱軍は早期の決着を決意。早速突入を開始します。
正面から陽動部隊が敵を引きつけているうちにハクオロやデリホウライ達少数精鋭の部隊が皇スオンカスのもとに向かいます。

そして辿り着いたスオンカスの間には河を流れてきたあの白い花が咲き誇っています。それは人間を苗床とした時に最も美しく咲く狂気の花。
スオンカスはそれをカルラのために育てたといいます。
元々この戦争自体カルラを自らの元に帰ってこさせるために彼?が仕組まれたものだったのです。

次々と現れる増援を撃破しつつスオンカスに迫るデリホウライとカルラ。そしてとうとうデリホウライの拳がスオンカスを捉えます。叩き込まれる鉄拳。スオンカスはカルラのために用意した白いラグマリオンの花を紅く染めついに倒れ伏すのでした。

喜びに沸くデリホウライ達反乱軍。しかしカルラは弟を残してハクオロ達とトゥスクルに戻るのでした。


2週だけということでかなり駆け足だったナ・トゥンク編だったのですが、スオンカス戦決着のあたりがだいぶ削られていてちょっと残念です。特にスオンカス皇オカマ開眼の理由やカルラからスオンカスへの最後の一言などちょっと楽しみにしていたんですけどね・・・

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
デリホウライの言うところの、カルラゥアツゥレイさんは少し美化されすぎていませんか?別れたときにも既に戦士の、獣の血が見えてますし。武器持った相手に素手で格闘ですもの。リーチが違いすぎるのに余裕だものなぁ。今も当のカルラ姐さん、素手で敵兵の首を吹き飛ば....
2006/08/15(火) 18:56:19 | なななな駄文
第19話「決別」キャハッ♪ 少女カルラと少年デリ、か~わゆ~い♪("▽"*)「戦いが終わったら、カルラを譲ってくれないか?」突然ハクオロにそんなことを言うデリ。カルラはハクオロの側室ですよ! ヾ(ーー )違っでも、デリが皇になったら正室!?
2006/08/15(火) 22:15:00 | 孤狼Nachtwanderung
copyright © 2005 R-30のオタクな部屋 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。