R-30のオタクな部屋
Now Loding・・・・・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
W杯の光と闇
現在ドイツで行われているW杯。この前の試合で日本はオーストラリアに1-3で負けてしまい、次のクロアチアに勝たなければ予選リーグ突破も難しくなってきているわけなんですが、日本-オーストラリア以降日本のゴールは反則で無効だったとオーストラリアは主張しています。
そして、主審もオーストラリアの選手に自分のミスを認めたなどという話もあったんですが、今度はその主審がオーストラリア側に反則があり、日本にPKを認めるべき場面があったと言い出しているわけで・・・


問題になっているのは1-1の終盤にケーヒルが駒野を倒した場面であれはPKを出すべきだったとFIFA自体が認めていたりします。

もし、ここでカードが出ていれば警告の累積でケーヒルが退場し、オーストラリアが10人となり数の上でも有利になっていたかもしれないししかも皮肉なことに直後にこのケーヒルに2点目を決められてしまったわけでして・・・

まあ、いまさらもしあの時などと言って試合結果がどうにかなるわけでもないし完璧な審判というものはいないのでこういったことがあるというのも分かってはいるんですがもしかしたら勝てていたかもしれないと思うとどうにもやりきれないわけで・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 R-30のオタクな部屋 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。