R-30のオタクな部屋
Now Loding・・・・・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひぐらしのなく頃に 第24話「罪滅し編 其の参 34号文書」
綿流しの夜雛見沢にすっかりお馴染みとなった5度目の時報が鳴り響く時、これまでと同じく物語は急速度で転がり始める・・・
綿流しの夜、もはやお馴染み過ぎて笑うしかない時報・富竹さんと鷹野さんの死亡と大石刑事の登場。部活中に大石に呼び出されたのは鬼隠し編の時は圭一でしたが今回はレナ。そして同じく富竹・鷹野の死を伝えるというおなじみの光景。
その話を聞きレナが思い出したのは以前図書館で鷹野さんと会ったときに交わした雛見沢連続怪死事件についての彼女の推理と雛見沢の伝承について。その話ではやはり御三家が怪しいということでしたが・・・
そして、その時レナも以前自らの身に起こった事を話したのでした。それは雛見沢に引っ越してくる前、茨城にいた頃の事。母親のことで自殺未遂まで起こした時にその傷口からウジ虫が湧いてきた事。そしてその時にオヤシロ様の声が聞こえたという事。それは他人からすれば到底信じられない話だったけれど鷹野さんはその話を信じるといい手渡したのは彼女の研究が記された数冊のノート。
机にしまいこんであったそのノート。レナは鷹野さんの死を知り初めてそのノートを読んでみると中に書かれていた内容は、「帰巣性」「ホームシック」「ウジ虫」など覚えのある単語ばかり・・・。


そして圭一が一人下校していると茂みから手招きをする手が。その手はレナのもので彼女の話によるとどうやら誰かに見張られるているとの事。そしてどうやら重要な情報の記された鷹野さんのノートを取り戻そうとしているのではとの事。自分を狙っているのは雛見沢御三家であり重要な事実を知った鷹野さんを消したとレナは言います。
そして圭一もレナのことを探っているらしい白いワゴンの男達の存在を確認し一気に話を信じます。

その後電話でレナが圭一に語ったのは研究ノートに記された内容で、どうやらそれによると雛見沢の伝承によると昔雛見沢の人々は寄生虫に感染しており感染者が凶暴化するものであった。そしてそれを治療した医者がオヤシロ様と呼ばれたのではないかとの事。しかしそれは対処療法でしかなくいつしか村には感染者を増やさないために村から出てはいけない、村に入れてはいけないとの掟ができたというのです。
その寄生虫は雛見沢の気候や風土でしか生きられず宿主が雛見沢を離れようとすると拒絶反応を起こし宿主を凶暴化させる。それがオヤシロ様の祟りの正体であるというのです。
そしてオヤシロ様の狂信者達。雛見沢御三家は神の力を復活させるため
害の強い寄生虫を雛見沢にばら撒くこと。つまり細菌テロを計画しているというのです。

な、なんだってーーーー!?(byM○R)
気が付けばいつの間にやらM○Rな世界に。キ○ヤシさんなんかを呼べば喜んで調査してくれそうです。

レナが狙われているらしいことを知っている圭一は話を信じ「仲間」であることを再確認するのでした。

しかしその翌日雛見沢の学校には昨日の白いワゴンの男達の姿が。気付いたレナは隙を見て彼らの持っていた封筒に記された電話番号に電話してみるとそれは使われていない番号。
危機を感じたのかそのまま学校から姿を消すレナ。果たしてどこに行き何を考えているのか・・・。

毎度同じみの時報から始まった今回。
気が付けばなぜかM○R・・・?
そして次週のタイトルが「地球侵略」
・・・ってこれひぐらしですよね?


この下に祭囃し編までのネタバレがあります白字になっているので見たくない人は見ないでくださいね

さて罪滅し編までだと出番はないと思われていた山狗部隊隊長の小此木さんですがワゴンの怪しい人としてちゃんと出番がありました。
原作版でもそうでしたが人相悪すぎですw
あれでは裏で何かやっていそうと疑われても仕方ありませんね。
で、この人がでたということで一応聞いておきたいと思います。
「給料いくらだ?」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
時は過ぎ綿流しの夜が終わり、富竹と鷹野が死亡。富竹の死体を見たのって鬼隠し編以来か。あのときでも死因の詳細を語られたか怪しいですけど。久しぶりに先生まで出てきてなんだか懐かしいことが多いです。レナが鷹野から渡されたスクラップ帳が34号文書なのか、ワ....
2006/09/13(水) 23:20:53 | なななな駄文
 孤独な戦いで幸せを勝ち取ろうとした少女は、 少年の説得によって還る処を思いだした。 しかし雛見沢に平穏が戻ったわけではなく、 お祭りの夜に若い男女の変死体が発見されていた。 次第に少女の周りに不審な影がちらつき始め、 少女は、仲間と信じる....
2006/09/13(水) 23:37:29 | 月の静寂、星の歌
罪滅し編其の参の今回は、レナが鷹野のノートを元に推理を展開する話でした。リナの推理はどこまで本当でどこから嘘なのか、ワゴン車2人組の男の目的は何なのか。グロ殺害シーンは久々に無かったですが、蛆虫は負けず劣らず気持ち悪かったです。いきなり富竹死亡で....
2006/09/13(水) 23:46:45 | パズライズ日記
TVアニメーション「ひぐらしのなく頃に」イメージアルバム かけらむすび綿流しの夜・・・再びここ雛見沢村を惨劇が襲います。富竹の死、そして鷹野の鬼隠し・・・今年も逃れることの出来なかったオヤシロ様の呪い・・・。翌日、レナの元を大石が訪れます。富竹と鷹野につ...
2006/09/14(木) 00:06:35 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
前回のショッキングな展開とはうって変わって、今回はレナを中心とした謎解きモードに突入しました。久しぶりの鷹野さんの登場ですね。彼女が持っていたスクラップ帳、どうやら雛見沢に関する色々な考察が書かれているようですが・・・一個人が調べた内容にしてはかな....
2006/09/14(木) 05:36:30 | 猫耳と少女とメイド服。
品質評価 10 / 萌え評価 6 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 9 / シリアス評価 65 / お色気評価 7 / 総合評価 21レビュー数 92 件 『たぶん、オヤシロさまの復活…それが奴らの最終目的…』…富竹が死に、鷹野が鬼隠しに遭う…今年も起こるべくして起こってしまった連続怪死事件。
2007/10/01(月) 14:47:42 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
copyright © 2005 R-30のオタクな部屋 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。